心理学用語

ラテラル・シンキング(Lateral Thinking)とは、問題解決や創造性の向上のために、従来の考え方や常識にとらわれずに、新しい視点や発想を導き出す思考法です。

ラテラル・シンキングは、1967年にイギリスの哲学者・心理学者であるエドワード・デボノによって提唱されました。デボノは、ラテラル・シンキングを「問題を解決するために、直線的な思考ではなく、斜めの思考をすること」と定義しました。

ラテラル・シンキングは、従来の思考法とは異なり、直線的ではなく、斜めに思考することで、新しい発想や解決策を導き出すことができます。そのため、ラテラル・シンキングは、問題解決や創造性の向上に効果的です。

ラテラル・シンキングを鍛えるためには、いくつかの方法があります。

* 問題を多角的に捉える

* 直線的な思考から離れる

* 自由な発想を恐れない

* 偶然や不幸をチャンスに変える

ラテラル・シンキングは、ビジネスや日常生活において、様々な場面で活用することができます。例えば、ビジネスにおいては、ラテラル・シンキングを活用することで、新しい商品やサービスを開発したり、問題を解決したりすることができます。また、日常生活においては、ラテラル・シンキングを活用することで、新しい趣味を見つけたり、困難な状況を乗り越えたりすることができます。

ラテラル・シンキングは、誰でも身につけることができる思考法です。ラテラル・シンキングを鍛えることで、問題解決や創造性の向上に役立てることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で読み解く!心のメカニズム All Rights Reserved.